レーザーカッティング

ミツウロコの意味

由来
北条時政(源頼朝の妻の北条政子の父)が北条家の繁栄を江ノ島弁財天37日間祈り続けていました。そして祈りの終わりの日の夜明。赤袴の女性(弁財天)が現れて、「あなたの前世の徳で、あなたの子孫は日本の国主となります」と、お告げをすると二十丈(60b)もある竜神に変身して海の中に去りました。
その後に残った三つの鱗を時政は持ち帰って北条家の家紋としました。
源氏の正統は滅び、鎌倉御家人の多くを滅ぼし、承久の乱の勝利で完全に国内政権を確立し、鎌倉を統一した北条家は有史以来の最大の国難である蒙古襲来を向かえます。


 北条時政公
 伊豆願成就院
*北条氏は桓武平氏の流れです。

元寇
世界を統一し千年王国を夢見る大元帝国蒙古は遠くバクダットまでも武力で支配下に置き一億の民をまとめ、とうとう日本にも侵略の手を伸ばさんとします。国主、執権北条時宗は日本を守るため徹底抗戦を決意します。文永の役において博多に襲来した蒙古軍の当時のハイテク兵器、震天雷、毒矢などの異国の戦法により日本の負けは確実となりますが、神風により蒙古軍は玄海灘に飲み込まれ日本は奇跡的勝利をえます。世界最強大元帝国皇帝フビライハーンは日本を許さず、7年後、弘安の役に突入します。しかし、金沢流北条実政(金沢文庫の北条実時の子)考案の元寇防塁により蒙古軍の日本上陸は一歩も許さず、玄海に漂った4500隻、140000人の蒙古軍は再び神風により玄海の海に飲み込まれ多くの人命が失われました。

北条は滅びず
元寇で弱体化した平家である北条氏の鎌倉幕府はやがて衰退し、源氏の新田、足利により滅ぼされます。しかし、執権北条高時の次男時行は生き残り、その子時満は尾張横井村で身を隠し子孫は増えてゆき戦国期には横井(北条)時泰が織田信長に従い伊勢長島一向一揆、伊賀忍者と戦います。ミツウロコ(三鱗)家紋は現在まで多くの子孫が継続しています。尚、北条時行の奥さんは尾張氏熱田大宮司藤原昌能の娘であり名古屋南部の桶狭間に近い横井村の実家に身を隠したという記録があります。つまり北条家は熱田大宮司家に救われ、時行の子は養子になった子もいます。
織田家は源平合戦で逃れた平氏が福井の織田剣神社の神主である藤原氏の養子となったという説があります。
尾張氏の子孫である幣社は熱田神宮と北条ミツウロコを会社のロゴとしております。




地球環境の危機

今、環境の時

現在、地球環境は破壊され人類存亡の危機も叫ばれています。21世紀は石油利権の戦争ではなく水利権の戦争が危惧されています。降雨の有効利用が可能な雨水利用は環境保護の最高の手段の一つです。雨水利用ネットワークが広がれば、環境破壊の防塁となる可能性も大です。かつての日本軍の旗印であるミツウロコを環境破壊防止に対し祈りをこめ環境製品に掲げます。


当社工場の雨水利用ガーデニングで咲いたアジサイです。
向かって右が230リッター雨水タンクです。左が150リッターです(バイオコードで浄水)。
毎年アジサイが咲きます。北条時頼の鎌倉明月院のように多くのアジサイが咲いてほしいものです。






愛知県田原の蔵王山山麓の授産施設蔵王苑様の業務生ゴミ処理機「時丸」です。
生ゴミ処理材は一次醗酵で堆肥として使えるので広大な学園の敷地内に大きなサツマイモの畑ができました。
食料自給率が低い日本の危機に貢献することを確信します。
地球温暖化による海面上昇が危惧されています。高地農業推進も提唱されています。蔵王苑様は海抜50メートル以上に位置する最高の農園ができつつあります。
穀物自給率29%という世界最低レベルの日本は食糧の輸入が止まると、最初の一年で3000万人が餓死する危険性があります。





蔵王苑様から近い、豊川市にはバイオコードのメーカーTBR株式会社があります。
上の写真は「空心菜」です。広大なTBR農園では水耕栽培で「空心菜」を栽培しています。
TVでも有名になりましたアジアの元気「空心菜」の普及は食料自給体制に貢献し、カルシウム、鉄分が豊富なこの野菜は食する方々の健康増進にも貢献することでしょう。
尚、上の写真はTBR社と当社が家庭用に開発した空心菜水耕栽培システムです。
家庭用、土地の有効利用の空心菜システム普及も目指しております。ぜひ、食料需給率向上のためご相談ください。
*水耕栽培はレタスなども栽培可能で応用範囲が広い栽培方法です。
TBR農園は見学可能です。


(続く)